基本的な考え方

  当社は、「お客様本位の精神で安全・確実な業務の遂行により顧客の信頼を高め、新たなテクノロジーの創造をとおして社会に貢献する」という基本理念のもと、「鉄道電気設備、一般電気設備および情報通信設備等の工事の設計・施工と保守を行う企業として、品質の高い設備づくりを目指す」という経営方針を公表しており、本業を通じて社会に貢献することを明確にしています。

  とくに鉄道電気工事部門では、多くの人々が移動に利用する鉄道が安全で正確な輸送を確保するための工事を施工するという極めて重大な責務を負っています。また、一般電気工事、情報通信工事の各部門においては、人々の生活や生産活動のインフラ部分を支えるという社会的使命を負っています。
  このため、当社は安全で高品質な施工ができるよう人材育成に努める「人間中心企業」として、 人を大切にする企業を目指します。

  また、企業は社会の公器であるとの認識のもと、当社は、事業を行う上で法令順守と反社会的勢力の排除はもちろんのこと、あるべき企業活動を継続して進めていくこと、すなわち「本物志向」の実践を経営の基本とし、「環境への取り組み」など重要な取り組み分野については個別に方針を決定のうえCSRを推進し、企業活動を通じて、当社と社会の持続的な発展を目指します。

環境方針

 当社は、設備工事業として、環境負荷低減や資源の有効活用に向けた技術を積極的に提供していくとともに、環境保全への取り組みが、重要な経営課題の一つであると認識し、以下の方針のもと、環境に配慮した取り組みを継続的に推進してまいります。

  1. お客様に対して環境に配慮した製品・工事の提案を積極的に行い、より良い技術を提供することを通じて、社会に貢献する。
  2. 工事の施工や事業活動における省エネルギー・省資源・廃棄物の削減・リサイクルの推進・自動車の排出ガス等による公害の防止等に積極的に取り組み、環境負荷の低減に努める。
  3. 環境保全に関する法律・条例・規則・協定等を順守する。
  4. 環境に与える負荷を低減するため、目的・目標を設定し、継続的に見直しをする。
  5. 社員に対して環境方針の周知徹底を図り、環境意識の向上に努める。