女性の活躍に関する取り組み

女性の更なる活躍を実現するための行動計画

1.計画期間 2016年4月1日から2018年3月31日までの2年間
2.当社課題 施工管理を主とする会社であるため、業界として女性が少ない環境であり、また、採用対象となる理工系学生も女性が少ないという外的要因があります。
そのような背景もあり、当社の技術職における女性の割合は低い状況です。
3.目  標 女性技術職を、毎年2名以上採用します。
4.取り組み内容 2016年4月~ 「女性活躍推進プロジェクトによる意見交換会を開催し、女性の意見を幅広く取り入れ、今後の施策に反映します」
「女性技術者の新たな分野での活用を推進します」
「施工管理以外に女性技術者の職域を拡大します」
「女性の活用を視野に入れた施工技術の開発・改善を推進します」

~参考~

(1)これまでの取り組み実績

2012年4月~

現業の拠点整備

現業の拠点となる工事所にも、女性を意識したレイアウトを取り入れています。
2013年4月~

女性用作業服の導入

男女同じ仕様であった作業服に、女性向けの仕様の作業服を導入しました。
2014年6月~

女性活躍推進プロジェクトによる取り組み

2014年6月にプロジェクトを発足させて、全体会議や検討会にて、女性活躍推進に向けた検討をおこなっています。
また、他社で活躍する女性管理職を招いての勉強会等を実施しています。
2015年4月~

経営トップを交えた検討

プロジェクトメンバーとの討議をおこなうなど、経営トップの関わりを深めています。
その他半日単位の有給休暇制度導入、旧姓使用導入
2016年4月~

女性フォーラム開催

全国の女性社員を対象に、取り組み内容に掲げた意見交換会を実施しています。

(2)数値としての実績

①育児休業・育児短時間勤務制度の利用率は、下記のとおり高い数値となっています。

年 度 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
育休 100% 100% 100% 75% 100% 100% 100%
時短 83% 100% 80% 100% 100% 100% 100%

②出産を理由とした退職者は少なく、2014年度以降「0」を継続しています。

年 度 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
人数 1 0 0 1 0 0 0

③新規学卒者採用における女性技術職採用数は次のとおりであり、厳しいながらも確保に努めております。

年 度 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
採用数 2 2 2 0 2 0 4 4

女性の活躍に関する情報公表

採用した労働者に占める女性労働者の割合 

職種 2015年入社 2016年入社 2017年入社
男性 女性 合計 男性 女性 合計 男性 女性 合計
技術 88 100.0% 0 0.0% 88 56 93.3% 4 6.7% 60 94 95.9% 4 4.1% 98
営業 3 75.0% 1 25.0% 4 3 75.0% 1 25.0% 4 3 75.0% 1 25.0% 4
事務 5 71.4% 2 28.6% 7 5 71.4% 2 28.6% 7 5 71.4% 2 28.6% 7
合計 96 97.0% 3 3.0% 99 64 90.1% 7 9.9% 71 102 93.6% 7 6.4% 109

(2017年4月1日現在)