屋外実習設備

在来線および新幹線軌道に模擬高架構造、強制カント部(※1)、模擬トンネル構造およびホーム設備を設けた営業線現場そのものの実習線等を使用して、鉄道の発変電、送電線、電車線、電灯電力、信号および通信の施工に関わる実技訓練を行います。

※1:軌道において外側のレールを内側よりも高くすること、またはその高低差のこと。