Q1.現在の仕事内容は何ですか? 私の担当は、官公庁の庁舎内の空調設備改修工事となります。具体的には、現在据え付けられている空調設備を撤去し、新しいものに置き換える工事です。空調・衛生・電気・建築を、2年半の工期で組まれた共同プロジェクトになります。最終的な完成時期は、2017年7月を予定しています。
「居ながら工事」といって、庁舎が通常通り稼働している日中に作業します。大掛かりなものなどは土日や夜間に行うこともあります。新築の工事であれば、敷地内は工事関係者しかいません。しかし、居ながら工事だと、庁舎の職員の方や一般の方もいます。そういった点においては、居ながら工事の方が大きな音をたてられないなどの制限もあるため、大変な部分があります。

Q2.今までの仕事で一番嬉しかったことは何ですか? やはり、官公庁の庁舎の改修フロアの一部を担当したことですね。打ち合わせから発注に至るまで、私が主担当として対応しました。現場の皆さんが助けてくれたお陰で、撤去から新設まで一連の作業を無事に施主様に引き渡すことができたときは、本当に嬉しかったですね。

Q3.この仕事の魅力は何ですか? 駅や各公共施設など、自分たちが携わった空調設備が現場で形となり、多くの利用者の役に立っていると実感したときです。そして、自分自身が携わった仕事が地図に残ることも、この仕事の魅力のひとつだと思います。

Q4.今後の仕事の目標を教えてください 国家試験である1級管工事施工管理技術試験に合格することです。1級管工事施工管理技士になると、指導監督的立場で現場を見られるようになるのです。独り立ちする意味でも、この資格は頑張って取得したいです!

Q5.この会社を選んだ理由(きっかけ)を教えてください 私自身、物作りの仕事に携わりたいと思っていました。その後、技術を身につけたい、やがて公共施設のインフラ工事に携わりたいという気持ちに変化していきました。当社であれば多くの人々に役立つ仕事に携われるに違いないと感じ、入社を決意しました。

Q6.就職活動中の学生さんに、ひと言メッセージをお願いします! 難しいことかもしれませんが、今という時間を楽しんでください。就職活動の最中は、不安や焦りなど決して楽しめる状況ではないことは、私自身とても良く分かります。しかし、就職活動で悩み抜き、考え、体験したことは必ず社会に出てから活かせます。まずは、自分自身がどのような社会人になりたいか真剣に考えてみてください。そして、どうか悔いの残らない就職活動を行ってください。

キャリアステップ

1年目 中央学園にて6か月の研修後、東京都の民間企業の社宅新築機械設備工事の現場へ配属

2年目 東京都の民間システムセンターの空調機移設工事を担当

3年目~現在 官公庁の空調設備改修および増設工事を担当

1DAY SCHEDULE

7:20 出社 :当日の作業員の人数の集計

8:00 安全朝礼・施工管理 :全体朝礼後、各社KY活動を行い、危険ポイントの周知、指差し呼称の確認および現場での施工状況確認、施工写真の撮影、KYボードの記入

11:00 他業者との作業調整打ち合わせ : 2日先までの作業場所・搬入出・庁舎のイベントの周知

13:00 空調業者での昼礼 : 作業打ち合わせの空調業者への周知・県庁舎のイベント周知

13:30 施工管理 : 現場を巡回し、施工状況確認、施工写真の撮影、KYボードの記入

17:00 作業終了確認 : 作業終了後の現場の清掃状況、鍵の施錠を行い、残っている作業員の確認をする。KYボードの最終確認・提出、施工写真の整理、工程打ち合わせ、庁舎へ登退庁名簿の提出

20:00 退社