安全への取り組み

 当社は、「安全は会社経営上の最重要課題」と位置づけて、以下の基本理念および基本方針のもと、各種取り組みを実施しています。

1.基本理念

2.基本方針

 当社の工事に関わる全ての者がプロとしての自信と誇り、さらには責任感のもと、一人ひとりが安全の重要な担い手であることを自覚するとともに、安全に関する問題意識、安全性向上に向けての考え方を共有し、安全への取り組みを自主的かつ積極的に推進していきます。

(1)お客様や第三者の命を守る

・鉄道を利用されるお客様や踏切を通行される方の命を守るため、鉄道電気工事に起因する鉄道運転事故ゼロの継続を目指します。

・鉄道を利用されるお客様や施設を利用されるお客様、一般公衆など工事関係者以外の方たちの命を守るため、第三者傷害ゼロの継続を目指します。

(2)工事従事者の命を守る

・工事従事者の命を守るため、触車・感電・墜落・死亡事故ゼロを目指します。

(3)輸送障害(鉄道)、重大な営業障害や設備障害の防止

・列車の運休や、長時間の列車遅延など、社会に大きな影響を与える鉄道の輸送障害の防止に取り組みます。

・全館停電や大規模な通信障害が長時間におよぶ事故など、社会に大きな影響を与える重大事故の防止に取り組みます。

・お客様の業務等に支障をおよぼす営業障害の防止に取り組みます。

(4)重大な交通事故の防止

・道路通行者等の第三者や、自動車運転者及び同乗者の命を守るため、重大な交通事故(死亡事故等)ゼロを目指します。

3.安全推進実行計画

安全推進実行計画では、当社の社会的使命を踏まえて「重大な事故・事象」を発生させないことに重点を置きます。過去の事故・事象の反省や当社が抱える安全に関する諸課題に対処するべく、事故・事象分類の見直しや目標の明確化を行い、メリハリをつけた取り組みを実施します。

鉄道運転事故や営業重大事故、また交通事故を含む第三者傷害、重大な労働災害などの“人命”に関わる「重大な事故」ゼロを目指すとともに、鉄道を利用されるお客様に多大なご迷惑をお掛けする「重大な輸送障害」ゼロを目指します。


毎年、全国の事業所ごとに安全推進大会を開催しています。

(1)安全を実現する具体的な取り組み

鉄道電気工事部門

「安全を脅かす11の事象」の明確化と守らなくてはならないルールの単純化により、「愚直にルールを守る」ことで日々使用開始する鉄道工事の安全や品質を確保するとともに、「危ないと思ったら列車を止める」ことを徹底し、鉄道運転事故及び第三者傷害を防止します。

一般電気工事・情報通信工事部門

重大な労働災害等の撲滅を図るため、5つの重点施策を制定し、事故防止を図っています。

(2)安全を支えるマネジメント体制・人材育成の強化

人材育成はマネジメント業務の中核であるとの認識のもと、上司が工事従事者の技術レベルを把握し、弱点の確認と補強を繰り返しおこなうことで技能・技術の向上を推進しています。
「学習システム」やDVD教材を整備・拡充し工事従事者が自発的に学ぶ仕組みを構築するとともに、定期安全教育などを通じた各種教育、NDK安全ルール展示室による過去の事故を学ぶ取り組みを継続していくことで、安全に関する意識の向上を図っています。


NDK安全ルール展示室


高所体感実習設備


(3)安全文化・安全風土の構築

1)5ゲン主義(三現主義+原理、原則)の深度化

従来の三現主義に原理、原則を加えた「5ゲン主義」として更なる深度化を図ります。経験や勘、前例や安易な想定に頼らず、設備の機能や強度等のメカニズム、業務やルールの目的や本質を学び知るとともに、技術者倫理に基づいた判断を行う文化を構築します。

2)自ら学び考える文化(安全文化)の構築

工事従事者や管理者が、安全や技術、施工管理、ルールなどについて「自ら学び考える文化」を構築し、一人ひとりの安全意識改革を促します。

4.安全マネジメント再構築プロジェクト
  (鉄道電気工事部門)

これまでの事故・事象の背後要因を深く分析するとともに、当社を取り巻く社会環境変化として、「経験から培われた知識や技能、職人的な気質によって伝承され守られてきた安全や品質を維持・向上させる必要がある」こと、また「顧客や世の中から求められている業務やサービスの質・量が増している」ことから、業務の仕組みやルールの抜本的・改革的な改善策を検討するため「安全マネジメント再構築プロジェクト」を発足させました。プロジェクトではルールのたな卸しや施工管理業務の適正化について検討を進めています。