モバイル通信関連工事

情報交換やデータ通信ツールとして多様なサービスを実現し、現代の暮らしに欠かせない携帯電話やモバイル通信端末。当社では、モバイル通信設備の置局調査から設計・施工までをトータルに展開することで、IT事業の広い分野に対応するシームレスなテレコミュニケーションサービスの実現に貢献しています。

屋外モバイル通信網構築

携帯電話用無線基地局をお客様のご要望の場所に設置するため、用地や物件の探索から用地交渉、設計、施工、保守点検に至るまで一貫して対応するとともに、既設改修についても対応します。当社はモバイル通信網を全国規模で構築した実績もあり、地域格差の無い高い施工品質を各地で提供することが可能です。
安定した通話・通信品質が求められ、さらなる大容量・高速化が求められるモバイル通信インフラの整備に、当社は今後も貢献していきます。

置局業務

置局業務

ロケーションや法規制など様々な条件に合致する基地局候補地の探索を行います。また、現状の電波状況の確認、 用地または物件の所有者との交渉、賃貸借契約をはじめ、自治体等への申請なども併せて行います。

調査・設計業務

調査・設計業務

基地局建設予定の現地調査を行い、様々な角度から確認と検証を行い、機器およびアンテナ等の設置場所を確定します。また、用地の測量、地質調査、構造計算も併せて行います。
現地調査の検証結果をもとに、設計図書、諸元などの作成を行います。

施工・各種試験

施工

これまでに積み上げた施工実績を生かし、施工仕様書、設計図書に基づき、品質の高い施工を行います。また、法令の順守、周辺住民への配慮を行い、安全施工を実現します。

各種試験

安全施工で構築した基地局に対して、様々な試験を実施します。また、基地局使用開始後の登録点検業務、保守業務や定期点検業務についても併せて対応が可能です。


無線局登録点検業務

当社は「登録検査等事業者制度*」に基づき総務大臣の認定を受けており、無線設備等の新設・変更・定期検査を行うことが可能です。登録点検事業者が実施した検査結果を利用することで、検査の一部を省略できます。
無線設備の試験・保守業務の経験豊富な社員が多数在籍しており、無線局登録点検業務をトータル的にサポートします。
*登録検査等事業者制度の概要  「登録検査等事業者制度」とは、総務大臣により登録された国内外の民間事業者(登録点検事業者及び登録外国点検事業者)が行った無線設備等の点検結果を活用することによって、無線局(国が開設する無線局を除く。)の新設検査、変更検査又は定期検査の一部を省略することができる制度です。

登録点検等事業者情報
検査または点検を行うことができる無線設備などに係わる無線機の種類 固定局、特定地上基幹放送局、基地局、携帯基地局、無線呼出局、陸上移動中継局、陸上移動局、携帯局、携帯移動地球局、実験試験局、簡易無線局、構内無線局
登録年月日および登録番号 2004年(平成16年)1月26日 関一第0123号