サステナビリティ
基本的な考え方
環境への取り組み
社会への取り組み
ガバナンス

基本的な考え方

トップメッセージ

 NDKグループは、これまでも事業を通じて様々な社会課題に対応してまいりました。今後も、脱炭素社会の実現をはじめとした地球環境保護、さらには国内における人口減少や高齢化などの人口構造の変化など、社会・地域が抱える諸課題や、甚大化する災害に対するインフラの復旧など、企業としての責任に向き合い、当社グループの持続的成長とともに事業活動を通じた持続可能な社会の実現を目指してまいります。

代表取締役社長 安田 一成

サステナビリティ基本方針

 NDKグループは、「お客様本位の精神で安全・確実な業務の遂行により顧客の信頼を高め、人々の生活や経済を支える社会的に重要なインフラの創造をとおして社会に貢献します。」という企業理念に基づき、当社グループの持続的成長と事業活動を通じた持続可能な社会の実現に貢献します。

  1. 地域社会と共に発展・成長の実現
     当社グループは、安全・安心な業務の遂行により社会からの信頼を高め、技術開発や研究開発の推進により社会課題を解決し、快適な社会インフラの構築により社会へ貢献するとともに地域社会の発展に寄与する企業を目指します。
  2. 事業を通じた地球環境への貢献
     当社グループは、「環境方針」を定め、環境負荷低減や資源の有効活用に向けた技術を積極的に提供していくとともに、事業を通じて排出する温室効果ガスの削減をはじめとした地球環境の保護に向けた取り組みを継続的に推進します。
  3. 多様な人材の育成・活躍・ダイバーシティの推進
     当社グループは、「人間中心企業」として、人材を最大の経営資源と認識し、社員一人ひとりが健康で自立的に能力を発揮できる環境づくりを行い、人材育成の推進や組織の活性化により社員が「希望」「誇り」「責任感」を持って働ける活力に満ちた企業を目指します。

マテリアリティ(重要課題)

 NDKグループは、SDGs、GRIスタンダードなどの国際的な基準や社会課題から、ステークホルダーにとっての重要度と当社グループにとっての重要度を考慮しマテリアリティを特定しています。
 マテリアリティに対応した施策に経営資源を重点配分し、安定した経営基盤と持続可能な社会の実現を目指します。

図:マテリアリティの特定と見直しのプロセス

  マテリアリティ 主な取り組み 関連するSDGs
環境 1 脱炭素社会への貢献
  • 再生可能エネルギーの普及促進
  • GX関連投資への対応
  • 事業活動におけるGHG排出量削減
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに13.気候変動に具体的な対策を15.陸の豊かさも守ろう
2 資源循環の推進
  • 資源リサイクルの推進
  • 廃棄物の適正処理
12.作る責任 使う責任
社会 3 安全品質維持向上の追求
  • 重大な事故事象発生の撲滅
  • 高品質な設備の施工
3.すべての人に健康と福祉を7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに9.産業と技術革新の基盤をつくろう
4 快適な社会インフラの維持
  • BCPの維持強化
  • 災害復旧体制の構築
  • 国土強靭化政策への参画
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに9.産業と技術革新の基盤をつくろう11.住み続けられるまちづくりを
5 人材の確保と育成
  • 新卒・経験者採用の強化
  • 有資格者確保と研修による技術力向上
4.質の高い教育をみんなに5.ジェンダー平等を実現しよう8.働きがいも 経済成長も
6 人権と多様性の尊重
  • ダイバーシティ&インクルージョンの推進
  • 従業員満足度向上
5.ジェンダー平等を実現しよう8.働きがいも 経済成長も10.人や国の不平等をなくそう
7 健康で快活な職場づくり
  • 健康経営の推進
  • 職場環境改善
3.すべての人に健康と福祉を8.働きがいも 経済成長も
8 新たな価値の創造
  • DX・技術開発の推進
  • 他社・大学等との事業連携、共同研究
  • M&A、スタートアップ投資
  • 社会貢献活動
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに9.産業と技術革新の基盤をつくろう11.住み続けられるまちづくりを
ガバナンス 9 コーポレートガバナンスの強化
  • ガバナンス体制の維持強化
  • 投資家等へのIR活動の強化
16.平和と公正をすべての人に17.パートナーシップで目標を達成しよう
10 リスク管理の強化
  • コンプライアンスの徹底強化
  • 情報セキュリティ対策の維持強化
  • BCPの維持強化
16.平和と公正をすべての人に17.パートナーシップで目標を達成しよう

サステナビリティ推進体制

 NDKグループは、サステナビリティの推進を重要な経営課題と位置付けており、取締役会がサステナビリティに関する監督・重要事項の決定を行っています。

 経営会議ではサステナビリティに関する意思決定および進捗管理を行い、取締役会への報告事項について審議しています。

 具体的な検討については、担当役員の責任の下、経営企画本部が中心となり、組織横断的に取り組みの議論を行っております。

図:サステナビリティ推進体制

各種方針

環境(E)
NDKグループ環境方針
社会(S)
安全推進ビジョン
NDKグループ人権方針
NDKグループ調達・外注方針
ガバナンス(G)
内部統制基本方針
NDKグループ情報セキュリティ方針